パーソナルトレーニングなら大阪 神戸のファーイースト

line

1ミリ、1度にこだわる
オーダーメイド・トレーニング。
目指すは悩みゼロのカラダ。

training method

ブログ

ブラジル武者修行時代  日常生活編

street毎日世界トップレベルの選手達と超ハードなトレーニング。

日々怪我と隣り合わせで夢にまで見た刺激的な環境でした。しかし、同様にブラジルでの日常生活もエキサイティングな毎日でした。

 

サンパウロのマンションで一人暮らし。

 

マンション入り口には2重の鉄格子があり警備も厳重です。

怪しい人が入り込まないように、守衛さんに鉄格子と鉄格子の中に自分だけ入らないと、扉を開けてもらえないシステム。

日本だと高級なマンションのセキュリティレベルがサンパウロでは普通のマンションがそうなのです。

 

マンションの前には、大学があり週末の夜になると酒やドラッグで頭がおかしくなった学生がたむろ。そこら中でストリートチルドレンが物乞いをしている。これだけでも十分怖いのに、ブラジルに到着して間もない頃に、人生初の恐怖体験をしました。

 

それは、朝から晩まで練習してお腹がペコペコで1人で駆け込んだ、小さな中華料理店で事件は起きました。

注文したチャーハンがテーブルに届き、大きな口を開けて食べようとした時に、いきなり警官5名ほどが大声で罵声を叫びながら、拳銃を店内に向けて入って来たのです。

 

 

一瞬に脳裏に

 

 

“死”

 

 

の一文字が浮かびました。

 

入り口に警官がいるので、逃げ場もありません。しかも、5人の警官が拳銃を狭い店内に向けています。このままだと、言葉も分からないから殺されてしまうと思い、

 

 

“空腹では死にたくない!!”

 

と言う強い気持ちが生まれました。

 

警官が何を叫んでいるかも分からないので、スプーンでチャーハンを思いっきり口に頬張り、一気に味わいました。

 

 

これが人生最後の晩餐。

 

 

世界一を目指した人生も儚く散ると思った瞬間、、、

 

何事もなかったように、警官は去って行きました。その後、マンションに帰宅すると銃声が夜空に鳴り響いていました。この貴重な体験のおかげで、改めて生きていることの素晴らしさを心の底から感じました。

 

その上で、平和で安全な日本に生まれた事に感謝の気持ちが芽生えたのです。

 

 

つづく…

 

 

○理想のカラダ創りに貢献

 

大阪・神戸・京都でのパーソナルトレーニング指導承ります。

LINEで送る
  • trainer
  • concept
  • program
  • price
  • blog
  • studio
  • Categories

  • Recent Entries

  • Archives

    • 2017 (23)
    • 2016 (18)
    • 2015 (7)
    • 2014 (17)
    • 2013 (32)
    • 2012 (2)
try
check

トレーニングで満足な結果を
得られたことがない

check

誰にも見られず、短期間で
確実に体型を変えたい。

check

筋肉の衰えを食い止め、
強靭なカラダを作りたい

try it
seminor
check

プロスポーツチーム・社会人
チームへの、トレーニング指導

check

病院等への運動、
リハビリプログラムの提供

check

子ども・高齢者への運動指導

try it
contact
mail
contact

問い合わせ時間:08:00〜22:00
大阪・神戸・京都を中心に
出張パーソナルトレーニング御受けします

  voice
  • voice
  • voice
  • voice
  • voice
  • voice
  • voice