パーソナルトレーニングなら大阪 神戸のファーイースト

line

1ミリ、1度にこだわる
オーダーメイド・トレーニング。
目指すは悩みゼロのカラダ。

training method

ブログ

灘校の教壇に立つ

nada先日、灘中・灘高にて高校生を対象に競技力を高めるためのトレーニングについて座学と実学を3時間講義させて頂きました。

 

灘校では、総合学習の一環として土曜講座という授業があり、学生さんの世界観を広げるために外部から様々な方を講師として呼び、希望の講座を自由に受講するというものです。

僕にとっては、とても嬉しいことに講義の募集をかけて頂いたところ定員を大幅にオーバーすることになり、受講出来ない学生さん達が多数出る事態に。

いざ講義が始まれば、学生さん達の真剣な眼差し。

 

僕も更に気合いが入り、少しでもお役に立てるように、少しでも興味を深めてもらえるようにと真剣に話させて頂きました。

 

ほとんどの学生さん達はトレーニングをあまりしたことがないと言う事だったので、ただ理論だけの話をしても面白くないと思い、

 

・ 自分が虚弱だった話

・ 失敗したトレーニングの話

・ 大ケガの経験

 

などを踏まえて話させて頂くと、学生さん達は笑みを浮かべ、目をキラキラ輝かせ、話を聞いて頂けました。

実学の講義の終了後には、部活にウエイトトレーニングを取り入れたいという学生さんも数名現れ、顧問の先生にトレーニングルームを使用出来るように許可を貰いにいくと言って頂けました。

 

本当に嬉しい限りです!

 

学生時代に勉学だけではなく、スポーツ・部活の経験は、大きく精神を強くするものだと思います。

 

自分の肉体の限界を知る事により、自分の弱さを受け入れ、何を改善しなければいけないか、どのように実践していかなければいけないか分からないと成長する事は出来ません。

 

かけがえのない仲間達と悩み苦しみ、大きく成長して頂きたいと思います。

 

将来の日本を背負う灘の学生さん達の前で、講義させて頂いた事を心から感謝致します。

 

灘校の

校長先生

教頭先生

的場先生

河内先生

各先生方

 

学生の皆さん、ありがとうございました!!

 

 

○理想のカラダ創りに貢献

大阪・神戸・京都でのパーソナルトレーニング指導承ります。

無肥料・無農薬の食の大切さ

kimurasan今年3月、神楽坂スポーツ医学セミナーで元プロ野球選手の工藤公康さんの奥さんである雅子さんに、

「井谷くん!是非青森に行って山崎さんにお会いした方がいいよ!」

とのアドバイスを頂きました。

 

私自身、食について疑問に思うところがあり、自分が実践して効果を大きく実感している食事法であるサプリやプロテインを一切摂取せずに、旬の食材・生産法にこだわった野菜を使用した和食中心の食事をもっと追求したいと言う想いを、雅子さんにお話したことがきっかけとなりました。

 

そして山崎さんに連絡をさせて頂くと、偶然にも京都に来られる用事があるということで、急遽お会い出来る事になりました。

 

山崎さんとは20年もの試行錯誤をし、奇跡のりんごスープを完成させたレストラン山崎の料理長。

そのスープは、青森県弘前市の農家・木村秋則さんの不屈の精神で栽培されたりんごを使用されています。

木村さんのりんごは腐りません。化学的な農薬や肥料を一切使わないりんご作り。りんごは病害虫に弱く、農薬なしでの収穫は、不可能だと言われていました。

 

無農薬栽培を始めた8年間、りんごは実らず、収入はゼロ。

サラ金から借金をし、夜はパチンコ、キャバレーで働く。

6年目、自殺を決意し、向かった岩木山中で気づく。

その栽培哲学とは【育てず、手助けするだけ】。

畑を自然の状態に近づけ、りんご本来の生命力を引き出し、遂に無農薬のりんごの栽培に成功されました。

 

木村さんは不可能を可能にされた方です。

 

山崎さんに木村さんへの思いをお話しさせて頂くと、ご好意で、奇跡のりんごの木村さんも急遽ご同席頂けることになりました。

そのお二人から、自然の食とカラダ作りについてお話を聞かせて頂く、貴重な機会を頂きました。

 

木村さんは無農薬栽培の農業に従事するスペシャリストだと思っていたのですが、実は明治大学ラグビー部を農作業の動作を取り入れたトレーニング方法や食を指導され、日本一に導かれた経験の持ち主だったのです。

 

私の視点からは気づくことのなかった考え方を学ばせて頂き、また木村さんの目の奥からこれまでの苦労された経験の深さを感じ、もっともっと様々な物事に対し深く追求していきたいと考え直す事が出来ました。

 

木村さんは無肥料・無農薬の食の大切さを提唱し、食物本来の力を引き出した食材は、味もよく、健康な体を作り、よい感性を育むとおしゃっていました。

 

今回の有り難いご縁で、クライアントさんからの強い要望であった、安心・安全の食事のアドバイスを出来るように前進することが出来ました。

 

素晴らしい出逢いに感謝!

 

 

○理想のカラダ創りに貢献

大阪・神戸・京都でのパーソナルトレーニング指導承ります。

七帝柔道

kyoto-uni本日、京都大学柔道部が優勝を目標にしている試合がありました。

全国七大学柔道優勝大会です。

 

年に一度、旧帝国大学である、

 

・  北海道大学

・  東北大学

・  東京大学

・  名古屋大学

・  京都大学

・  大阪大学

・  九州大学

 

の七校が集い戦前から引き継がれる伝統のある柔道大会です。オリンピックや世界選手権など、テレビで観る柔道とは全く異なるルールです。一般の柔道との大きな違いは、引き分けか一本勝ちのみの寝技中心の試合です。

 

寝技は体格や才能がものをいう立技とは異なり、練習量がすべてを決定すると言われるため、入部してから4年間、来る日も来る日も寝技の練習とトレーニングの日々。卒業する頃には、ほとんどの部員の耳が潰れる世界です。

 

京都大学に入学する学生は、当然勉学を中心として過ごしてきた学生ばかり。それが大学生活全てを寝技中心の柔道に費やします。15人対15人の団体戦のため、強い選手・弱い選手が混合する中、自分の役割を認識しチームのために戦います。

 

年に一度の大会のために、各大学が総力を挙げて全てを出し切るチームワークの絆は言葉に出来ません。

 

京大の一人の部員は、今年の3月に全治半年近くの膝の手術をしたにも関わらず、チームを勝利に導くために自らの強い意志で試合に強行出場。しかし京大の結果は、一勝一敗で決勝リーグに勝ち上がれませんでした。

 

勝負の世界は本当に残酷です。

 

しかし、学生生活で苦しい苦しい練習に耐え、仲間と共に大きな目標に向かう経験は何ものにも代えがたいものがあると思います。社会に出て大きなお役に立てる人に成長出来る修行場のようにも感じます。旭山動物園の経営難を建て直した元園長の小菅正夫さん、正力松太郎さん(元読売新聞社主)や永野重雄さん(元新日鐵社長)ら錚々たる人たちも七帝柔道出身です。

 

私は七帝柔道出身ではありませんが、京大コーチとして、七帝柔道の素晴らしさを学ばせて頂けています。本当に有り難い環境に感謝です。

 

明日から来年の七帝柔道で優勝できるように、部員とともに一から頑張っていきたいと思います。

 

どうぞ京都大学柔道部の応援宜しくお願い致します。

 

○理想のカラダ創りに貢献

大阪・神戸・京都でのパーソナルトレーニング指導承ります。

LINEで送る
  • trainer
  • concept
  • program
  • price
  • blog
  • studio
  • Categories

  • Recent Entries

  • Archives

    • 2017 (27)
    • 2016 (18)
    • 2015 (7)
    • 2014 (17)
    • 2013 (32)
    • 2012 (2)
try
check

トレーニングで満足な結果を
得られたことがない

check

誰にも見られず、短期間で
確実に体型を変えたい。

check

筋肉の衰えを食い止め、
強靭なカラダを作りたい

try it
seminor
check

プロスポーツチーム・社会人
チームへの、トレーニング指導

check

病院等への運動、
リハビリプログラムの提供

check

子ども・高齢者への運動指導

try it
contact
mail
contact

問い合わせ時間:08:00〜22:00
大阪・神戸・京都を中心に
出張パーソナルトレーニング御受けします

  voice
  • voice
  • voice
  • voice
  • voice
  • voice
  • voice